夏の保湿ケア

夏

 

肌の保湿に気を配っている女性でも、夏になると保湿ケアを怠る女性が少なくありません。冬場のように肌や唇がカサつくことも少なく、汗や皮脂で肌がベタつくので水分は足りていると勘違いしてしまいがちです。

 

でも夏のお肌は皮脂や汗でベタついていても、肌の内部の水分は不足していることがあります。夏の肌の乾燥の最大の原因はエアコンです。現代は何処に行っても夏はエアコンが効いていますが、エアコンが効いた室内は湿度が低くなっているため肌は乾燥します。

 

オフィスや店舗ではエアコンが効きすぎていることもあり、特にこまめに保湿ケアをする必要があります。仕事中なら化粧水をいれた携帯用スプレーを休憩時間に顔に一吹きするとよいです。さらにデスクに小さい加湿器を置いておけば、自分の周りの湿度を上げることができます。繰り返し強い紫外線に当たっている夏の肌は乾燥しやすい状態になっています。

 

短時間でも外出時には日傘やUV対策のクリームを欠かさないことが大切です。さらに汗をかいたりタオルで拭いたりの繰り返しで、朝塗ったはずの化粧は落ちてしまいます。タオルと肌の摩擦も肌に負担をかけます。

 

このように疲労の溜まった肌には夜の保湿ケアがとても重要で、化粧水でパックをしてしっかり肌の内部に浸透させます。べたつくからと乳液やクリームを省略してはいけません。肌の悲鳴に気がつきにくい夏ですが、実は肌の環境は過酷です。しっかり栄養と休養をとり、保湿ケアを怠らないことが美しい肌を保つための秘訣といえるでしょう。