洗顔で保湿ケア

洗顔

 

あらゆる保湿ケアをしても肌の乾燥が気になるという人は、洗顔方法を見直してみるのも一つの方法です。なぜなら乾燥肌の原因として、間違った洗顔方法が指摘されることが多いからです。

 

洗顔というとクレンジング剤でお化粧を落とした後、洗顔料をつけてゴシゴシと洗うというのが一般的です。10代から20代の若い健康な肌はこの方法でもよいかもしれませんが、30代を過ぎた頃から年齢とともに肌は乾燥しやすくなります。

 

そのため肌をできるだけ肌を乾燥させないよう、保湿ケアを重視した洗顔に切り替えていかなくてはいけません。そこで保湿ケアとしての洗顔では、しっかりクレンジング剤で肌の汚れや老廃物を洗い流した後、洗顔料は使わずにぬるま湯で洗い流すという方法がお勧めです。

 

肌の汚れはクレンジングで既に落ちています。その上洗顔料を使うと、必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥や様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。それでも洗顔料で洗わないとすっきりしないという人は、十分に泡立てた洗顔料で顔を洗いましょう。

 

この時泡立てが十分でないと、肌を傷つけてしまうため注意が必要です。さらに洗うと言ってもゴシゴシ洗ってはいけません。顔を泡にくぐらせる程度で十分です。そして化粧水と乳液、美容液でしっかり保湿をすれば保湿ケアは万全です。

 

さらに洗顔は朝と夜だけで十分です。一日に何度も洗顔することも、せっかくの保湿ケアを台無しにしてしまいます。保湿ケアを意識した洗顔で潤いのある肌を目指しましょう。