老化に対する保湿ケア

 

肌は年齢とともに変化します。生まれたての赤ちゃんの肌はとてもみずみずしく、張りと透明感に満ちています。10代では皮脂の分泌が多くいためニキビなどで悩むこともありますが、20代になると皮脂の分泌は落ち着き、きめが細かくしっとりとした肌になります。

 

この頃から内面では徐々に老化が始まり、30代を過ぎる頃になると、少しずつシミやくすみ、たるみなどが現われ始めます。このような肌の老化は誰しも避けられません。しかし環境の改善や手入れの仕方によって、老化の進行を遅らせることはできます。肌の老化には紫外線、不規則な生活習慣、環境など色々な原因があります。

 

中でも老化を一揆に加速させるものに乾燥があげられます。年齢とともに肌の水分保持力は低下します。肌の水分量が低下すると、肌のバリア機能が低下し、さまざまな肌トラブルが発生します。シミ、シワ、くすみ、たるみなど、これが一般的に言われる肌の老化です。

 

肌の老化を遅らせるためには、保湿ケアをしっかりすることが第一です。最近は何処にいっても空調がきいており、空気が乾燥気味です。朝晩の保湿ケアはもちろん、日中でも化粧水スプレーを携帯したり、加湿器で湿度を調整するなど、肌の保湿ケアを意識することが大切です。

 

保湿化粧品を利用する場合、セラミド配合のものは保湿効果が高いためお勧めですが、コラーゲンやヒアルロン酸が配合された化粧品でも十分保湿効果があります。年だからと肌の老化を諦めずに、保湿ケアによって若々しい肌を目指しましょう。