爪の保湿ケア

 

美しい手指は優雅で上品な印象を与えます。ネイルをしていなくても、色艶がよく、きれいに整えられた爪は、健康的で若々しい女性にみせてくれます。でも最近ではネイルを落とすと爪が白っぽくなっていたり、すぐ割れてしまったり、筋がはいってしまうなど、爪のトラブルに悩む人も多いようです。

 

爪のトラブルの多くは乾燥によるものが原因です。爪の乾燥はどうして起こるのでしょう?爪の乾燥は手や顔の皮膚と同じように年齢とともに進みます。
さらに最近はネイルを楽しむ人増えていますが、ネイルを落とす時に使う除光液は爪を著しく乾燥させます。

 

他にも水仕事、毎日の手洗いの際に使うハンドソープ、掃除で使用する洗剤などは爪を乾燥させ、爪のトラブルを引き起こします。もともと爪は皮膚が古くなって角質化したものです。つまり死んでしまった細胞なので、爪自身で潤いを保つことはできません。

 

そのため美しい爪を手に入れるためには、保湿ケアをしてあげる必要があります。しかし爪は肌と違って角質化しているため、手肌用のクリームではなかなか浸透しません。浸透性の高い爪専用のオイルやクリームを塗ります。

 

その際、爪の方へ血液が循環するようにマッサージをするとより効果的です。さらに除光液や洗剤を選ぶ際にも手肌や爪にやさしいものを選ぶようにしましょう。爪の状態は生活習慣や食事の影響もうけています。保湿ケアと同時に健康的な生活を心がけ、美しく健康的な爪を手に入れましょう。