かかとの保湿ケア

 

顔や手足など人目につく部位は保湿ケアを欠かさなくても、かかとの保湿ケアはつい後回しにしてしまうという人も多いことです。顔や手足のかさつきが気になる冬場は特に、乾燥してガビガビになったかかとに悩む女性が大勢います。

 

ガビガビかかとは見た目が悪いだけではなく、ストッキングがひっかかったり、ひどくなるとひび割れをおこして歩くたびに痛みを伴うこともあるため、保湿ケアが重要になってきます。ガビガビになったかかとに悩む女性は30代頃から増え始めます。

 

かかとには皮脂腺がなく、汗線と角質の持つ脂質だけで潤いを保っています。さらに他の部位に比べて角質層が厚いのが特徴で、厚い角質層は水分を失うと硬くなりやすいのです。このように硬くなったかかとの保湿ケアでは、まず硬くなった角質を削り落とすことが必要になります。昔から使われている軽石の他、今では色々なやすりがかかとケアグッズとして販売されています。

 

削る時にはお風呂でかかとの角質をやわらかくすると削り過ぎないです。硬い角質を削り落した後は、化粧水と乳液、さらにはかかと専用クリームを塗ってしっかり保湿ケアをします。

 

塗った後に台所で使うラップフィルムを巻き、上からソックスを履いてずれないようにするとさらに効果的です。一度ガビガビに硬くなったかかとは、少しの間保湿ケアをすると柔らかくなったように見えますが、それは表層が柔らかくなったにすぎません。柔らかく美しいかかとを目指すには、保湿ケアを気長に続けることが大切です。