手の保湿ケア

 

手は顔と同じくらい他人の視線が向くところです。手入れの行き届いたきれいな手はだれもが憧れますが、逆に手荒れでカサカサした手は生活感にあふれ、痛々しい印象を与えます。特に空気の乾燥する冬場は手荒れを起こしやすく、ひびやあかぎれで悩む人も多いです。

 

実際、私も注意するんですけどネ!(汗)手は体の中で一番よく使う部分。特に主婦は毎日の水仕事で水や湯、洗剤の刺激を受け、主婦湿疹といわれる頑固な手荒れの症状に進んでしまいます。

 

手荒れを予防するためには保湿ケアが第一です。とはいってもハンドクリームを少し塗ったこところで、水仕事をすればたちまち流れてしまい、結局保湿ケアを諦めてしまうことが多いのが現実。

 

でも大切な手を守るために、気長に効果的な保湿ケアを続けたいものです。手の保湿ケアと言えばハンドクリームです。ハンドクリームは種類が豊富なため、自分の好きな質感や香りのものを選ぶことも保湿ケアを習慣づける秘訣です。クリームを塗る前には、手首から指までを軽くマッサージをして血行を促しておくと効果的です。

 

最近では保湿ケア用の手袋が市販されています。就寝前にたっぷり保湿クリームを塗りこみ、手袋をしたまま寝るとクリームが寝具に付かないため便利です。ハンドクリームを塗った上からラップフィルムを巻いて手袋をするとより浸透効果が上がります。昼間はベタベタするクリームを塗りたくないという人もいますが、昼間もこまめな保湿ケアが大切です。

 

水仕事の後に少量のクリームを手の甲にだけに伸ばすようにするとベタつきは気にならないです。私はお肌自体が乾燥肌でさらに敏感肌なんですよね。だからオールシーズン保湿クリームは欠かせません!お顔をケアする保湿クリームをお顔に使い、そのまま手に馴染ませ使っていますよ。お値段的にはキツイんですが((泣))小さい子供もいるのでお子ちゃまと兼用です(笑)