食べ物で保湿ケア

食べ物

 

肌を乾燥から守るための保湿ケアとして、食べ物を上手く利用する方法も健康的でよい方法です。昔は今のような保湿化粧品はありませんでしたから、人々は食べ物の特性を上手く利用して美肌を保ってきました。

 

食べ物というものはよくできていて、暑い夏に旬を迎える物は身体を冷やし、寒い冬に旬を迎える食べ物は身体を温めてくれる特性があります。同じように空気が乾燥する冬に旬を迎える食べ物は、肌を乾燥から守ってくれます。

 

栄養素でいうとビタミンB群に保湿効果が期待できます。緑黄色野菜、特ににんじんかぼちゃ、ブロッコリー、菜の花などは毎日でも食べましょう。さらに大豆製品は良質なたんぱく質、ビタミンB2、ビタミンEを含んでいるため、乾燥から肌を守ってくれます。

 

特に納豆のネバネバは肌の潤いを保つ効果が高いということが分かっています。毎朝の習慣にして継続的に食べるようにしましょう。さらにゴマ類やくるみ、ピーナッツなどのナッツ類も保湿ケアには効果的です。

 

砕いてお浸しにかけたり、ナッツ類はおやつ代わりにつまむとよいです。さらに野菜以外にも肌の水分を保ち、弾力を与えるコラーゲンは保湿ケアには不可欠です。牛すじや鶏皮などは脂質に気をつけながら、適度に取ることが必要です。

 

美しい肌にはバランスのとれた健康的な食生活が大切です。肌に良い物ばかりを食べるのではなく、色々な食品と組み合わせて、毎日少しずつ食べることが肌の保湿ケアにもなるです。