こどもの保湿ケア

子供

 

健康なこどもの肌はみずみずしく透明感に溢れ、トラブル知らずのように思えます。しかしアトピーや敏感肌でなくても、こどもは身体をかゆがることがよくあります。これは肌の乾燥が原因かもしれません。

 

生れてから2〜3カ月までの赤ちゃんは皮脂の分泌が盛んです。その後1歳から思春期前までの期間は、一生の中で最も皮脂の分泌が少ない時期になります。皮脂の分泌が少ないということは角質層が乾燥しやすい状態ということです。

 

乾燥した水分の少ない肌はバリア機能が低下しているため、外部からの刺激に敏感に反応し、かゆみなどのトラブルが発生します。かゆいからといって皮膚をかくと角質層が傷つき、さらにこするという悪循環に陥ります。

 

大人は朝晩、保湿化粧水や乳液などで保湿ケアをしますが、こどもはなかなか自主的に保湿ケアをしません。さらに角質層が薄くデリケートなこどもの肌に、どんな保湿剤がよいのか、悩んでしまう人もいるです。

 

こどもの肌の保湿ケアには余計な物が入っていない天然のオイルがお勧めです。できるだけ皮脂に近い成分を持つホホバオイルや馬油が効果的ですが、比較的安価なオリーブオイルもお勧めです。

 

こどもは手洗いの時に洗浄料をすすぎ残したり、しっかり手の水をふき取らないことがよくあります。さらに冬場でも手袋などの防寒をしないで、外遊びをするこどもをよく見かけます。こういったことも肌の乾燥の原因です。肌を守るために、毎日の保湿ケアをこどものころから習慣づけることが大切です。