お風呂で保湿ケア

風呂

 

乾燥する季節にはお風呂での保湿ケアも大切です。保湿ケアを怠ると肌はカサカサになり、赤くなったり、かゆくなったりします。お風呂の保湿ケアで最も重要なのはお湯の温度です。温度は38度から40度のぬるめが最も適していると言われます。

 

40度を超える熱いお湯は肌の皮脂を落として、乾燥を悪化させてしまうのです。冷えの実験でも熱いお湯に3分間浸かる場合と、ぬるめのお湯に15分浸かる場合とでは後者の方が冷めにくかったという結果があるように、ぬるめの湯に長く浸かることが冷えと保湿ケアに有効だといえます。

 

さらに体を洗う時には手で直接体を洗うか、綿や麻のやさしい素材のタオルで洗うと肌を傷つけません。ナイロンタオルなど肌に刺激の強いものは肌を傷つけてカサカサ肌の原因になります。

 

そして体を洗う洗剤選びも大切です。刺激の少なく保湿効果のあるものを選ぶ必要があります。保湿ケアとして保湿効果の高い入浴剤を利用するのも一つです。今では香もよくリラックス効果のある入浴剤も種類が豊富で選ぶのも楽しいです。

 

さらに昔から利用されている天然の植物を使った手作りの入浴剤も試してみる価値があります。昔から女性に愛用されてきた米ぬかは今でも美容によく利用されますが、毎日米ぬかをガーゼに包んで湯にいれておくと肌の保湿効果を実感できるようになるそうです。

 

お風呂上がりはできるだけ早く水分をふき取ることが大切です。保湿クリームを塗る場合は水分を大まかにふき取った後、できるだけ時間をおかずに塗ることが大切です。