赤ちゃんの保湿ケア

母子

 

赤ちゃんの肌はみずみずしく、張りと潤いに満ち溢れていますが、実は赤ちゃんの肌はとても薄く、大人の半分の厚みしかありません。そのため非常にデリケートで乾燥しやすく、食べ物や環境の影響を受けやすいのが特徴です。

 

秋も終わりに近づき空気が乾き始めると、赤ちゃんの肌もカサカサしてくることがあります。そこで赤ちゃんの保湿ケアはどのようにすればよいのでしょうか。赤ちゃんの時期のスキンケアが一生物の肌を作ると言われるほど、肌のお手入れは大切です。

 

かといって過保護にし過ぎると丈夫な皮膚へ育ちません。赤ちゃんの肌のお手入れは、こまめに拭いてあげること、いつも清潔にしてあげること、風通しをよくすることが基本です。そして乾燥が激しい時にだけ、ベビーローションや保湿クリームなどの保湿剤を薄めに塗ってあげるようにします。

 

保湿剤は風呂上がりに時間をおかずに塗ってあげるのが最も効果的です。さらに乾燥する季節の外出前に、手や顔に塗って
バリア機能を補ってあげることも効果があります。さらに食事の後は頬や口の周りの汚れを拭き取るために、ガーゼで強くこすってしまうことがあります。

 

強くこすると肌のカサつきの原因になるため、優しく拭いてあげることが大切です。さらに拭きとった後には保湿ケアを心がけるようにしましょう。保湿剤はつけすぎると肌の新陳代謝を妨げたり、皮膚からの放熱を妨げたり、雑菌が繁殖しやすくなったりします。特に高温多湿の夏には注意が必要です。