Sponsored Link

紫外線からの保湿ケア

紫外線

毎日の肌の手入れに保湿ケアと紫外線対策は欠かせません。毎日の紫外線対策は今や常識となりましたが、強い紫外線が降り注ぐ夏には山や海へレジャーに出掛ける機会が増え、うっかり紫外線対策を忘れると日焼けをして大変なことになってしまいます。

 

こんな時、肌が乾燥していると紫外線のダメージも大きくなります。乾燥している肌はバリア機能が低下しているためです。そのため日頃から保湿ケアを欠かさないことが大切なのです。さらに日焼け止めを塗る前に保湿クリームを塗ると、紫外線による肌の乾燥を防ぐことができます。

 

また保湿ケアと紫外線対策が同時にできる日焼け止めも売っているため、試してみるとよいです。日焼けは軽い肌のやけど同じ状態です。空から降り注ぐ紫外線は、肌に直接当たると表面を傷つけて日焼けを起こします。

 

さらに長時間当たると肌の張りをつくっている繊維を傷つけます。肌にとっては大きなダメージなので、しっかりと保湿ケアをしなければ肌は回復するどころか、老化を進行させてしまいます。

 

紫外線に当たってしまった肌の保湿ケアは、まずヒリヒリする症状があればシャワーや保冷剤で肌を冷やしてクールダウンすることです。肌の火照りが落ち着いたら保湿化粧水をたっぷり塗ります。その後クリームや乳液で水分を閉じ込めます。

 

コットンの上からラップを巻いたり、シートマスクなどを利用するのも効果的です。紫外線に直接当たらないことが一番よいのですが、もし当たってしまった時にはしっかりと保湿ケアをすることによって、肌のダメージは徐々に回復していくです。

Sponsored Link