Sponsored Link

目の保湿ケア

 

最近ドライアイで悩む人が急増しています。目は泣いている時だけではなく、常に一定の涙液を保つことでバイ菌やゴミから目を守っていますが、ドライアイになると目を保護している涙液が少なくなり、目の表面が乾いてしまいます。そのため目の疲れや痛み、充血、視力の低下などさまざま不快症状が現われてきます。

 

ドライアイの原因にはさまざまなことが考えられますが、室内の空気が乾いている、パソコンで長時間作業している、コンタクトレンズを装着しているなどが多いようです。 ドライアイが進行しないためには、目が乾いていると感じたら早めに保湿ケアをすることが大切です。

 

加湿器などで室内の湿度を50%以上に保ち、空調の風が目に直接当たらないように気をつけるだけでも効果があります。さらにパソコンを長時間見つめていると、まばたきの回数が知らず知らずのうちに少なくなってしまいます。

 

まばたきは目の潤いを保つための大切な働きです。目のためにはできるだけパソコン作業の途中でこまめに休憩を入れ、目を休ませるようにしたいものです。さらにコンタクトレンズは目の水分を吸収してしまうため、目が乾きやすくなります。特にソフトコンタクトは注意が必要です。

 

目の乾きを感じたら早めに眼鏡に切り替えたり、コンタクト用の点眼薬をさすように心がけましょう。ドライアイの保湿ケアとして、点眼薬も有効です。涙液に似た水分を直接目に入れるため、即効性があります。さらに直接乾燥した空気が目に触れないドライアイ対策用の眼鏡もあるため、一度試してみるとよいでしょう。

Sponsored Link