Sponsored Link

年齢ごとの保湿ケア

女性

 

女性は何歳になっても潤いに満ちた美しい肌に憧れます。潤いに満ちた肌は女性を若々しく見せてくれます。肌の状態は20代をピークに徐々に老化が進んでいきます。老化を遅らせるためには肌に栄養と水分を与えることが必要ですが、肌に合わせた保湿ケアをしなくては効果がありません。

 

そこで年齢別に保湿ケアの方法をみていきます。10代から20代の保湿ケアは、基本的には朝夕の洗顔後に化粧水と乳液を塗るだけで十分です。美容液はまだ必要ありません。高価な化粧品で肌を甘やかすより、強いメイクを肌に残さないようにクレンジングを重視します。

 

30代になると、少しずつシミやシワができ始めます。化粧水と乳液は20代の頃より質を上げて保湿力を強化します。美容液もそろそろ必要になります。乾燥やシミ対策など自分の肌の悩みに合ったものを選びます。

 

40代になるとさらにシミ、シワ、くすみ、たるみなどトラブルが増えます。こういったトラブルを改善するためには保湿ケアが第一で、保湿タイプの化粧品で水分と栄養を十分に与えます。乳液や美容液は保湿力の高いクリームタイプがお勧めです。

 

50代以降では細胞レベルに働きかける質のよい化粧品を選ぶことが大切です。乾燥がいっそう激しくなってくるため、さらに保湿力の高いもの、さらに刺激の少ないものを選ぶようにします。年齢に関係なく、自分の肌の状態を毎日手で確かめながら、丁寧に保湿ケアを続けることが大切です。手をかけた分だけは、肌はよい状態になって返してくれるでしょう。

Sponsored Link